出席率は合格率!

 

北予備は日本一の年間出席率!毎年97%以上を達成!

北予備は日本一の年間出席率!毎年97%以上を達成!
 
 合格率は出席率に比例する。大学受験を研究し尽くした予備校のテキストを予習して、受験指導のプロ講師の授業を受け、集中できる自習室で復習して覚え込む。それが合格の可能性を押し上げる最良の方法だ。
さらに出席率は、生徒が予備校によせる信頼度を表している。受験勉強は時間との戦いだ。役に立たない授業、力がつかない授業を、誰が受けたいと思うだろうか。雨の日も風の日も、あの先生の授業があるから、あの自習室に入れば集中できるから、あのチューターの励ましがあるから、友達がみんな頑張っているから、そう思うから今日も予備校に出かけていく。

 平成29年度の北九州予備校の年間出席率は、97.5%を達成した(4月~12月、大学進学科午前必修授業すべてを対象)。これはまぎれもなく予備校界日本一の数字である。北予備に通った先輩たちにぜひ尋ねて確かめてほしい。北予備では毎日ホームルームがあるから、誰が休んだかまで一目瞭然だ。他の予備校では、こうはいかない。1人1人の時間割が違っていて、登校時間もまちまち。誰がクラスメイトなのかも分からない。そもそも出席率を調べたことがあるだろうか。
 
 出席率は授業の満足度。授業が凄いから成績が伸びる。合格率も上がる!
 

北予備生の基本方針

北予備生の基本方針
 
「北予備生の基本方針」とは、北予備での受験勉強のあり方、北予備生の勉強マナーを示している。この10の鉄則に込められた3つの北予備主義について解説しよう。
 
①出席率第一主義
 北予備生は北予備に生活の基盤を置く。もちろん北予備は年中無休である。北予備には、クラスによる出席率のわずかな差でも、合格率の差となって現れるという厳然たる事実が存在する。プロの眼は「出席率」に向けられる。
 
②授業中心主義
 北予備では授業が中心。東京・大阪・福岡から毎週やってくる現役バリバリのプロ講師陣のナマ授業、それとテキストによって、予備校に対する信頼を勝ち取っている。大勢の先輩たちが北予備の授業中心で第一志望に合格したことを、数え切れないほどの合格体験記が物語る。
 
③受験勉強は団体戦
 北予備生がお互いにマナーを守って受験勉強に集中できるよう、自習室はもちろんのこと、クラス単位の環境作りにスタッフは細かく気を配っている。隣りの生徒が居眠りしていたり、欠席が多かったり、マンガを読んでいたり、大学生気分の茶髪やピアスが目につくようだと、君のヤル気もすぐに失せてしまうだろう。クラス全体がヤル気になってこそ、1人1人がもっともっと頑張れるようになる。
 
 皆で良い環境を作ろう。皆でガンバリ、皆で合格しよう。これが北予備の『受験勉強は団体戦』という考え方だ。
 
 受験勉強は我慢大会、継続は力なり!
 

10の鉄則

10の鉄則
  鉄則の1 必ず授業に出ること。
  鉄則の2 最低でも1日3時間の自習を欠かさないこと。
  鉄則の3 テキスト中心・授業中心の学習を行うこと。
  鉄則の4 予習→授業→復習のサイクルを守ること。特に復習は重要。見直しVODを活用しよう。不明箇所は残さないこと。先生、チューター、友人に尋ねよう。
  鉄則の5 得意科目は予習中心、不得意科目は復習中心、習ったことは覚え込む。暗記物はカードにして持ち歩こう。
  鉄則の6 週間計画を立てよう。復習調整日を作ること。
  鉄則の7 模試を弱点の発見と補強の場にしよう。成績で一喜一憂しないこと。本番で出来れば良い。
  鉄則の8 直前期は復習のみを行うこと。この為に日頃のノート作りが重要になる。コピー、蛍光ペン(赤・黄・青)等を駆使して効率を上げること。
  鉄則の9 受験勉強は団体戦である。遅刻・欠席、携帯電話、茶髪、ピアス等は隣席の居眠りと同じく、クラス全体のヤル気を損い、スキを作る。思わぬ不覚の原因となる。1人1人の自覚が全体に影響する。受験生としての自覚を忘れないこと。特に携帯電話は受験生の大敵である。けじめをつけて利用しよう。
  鉄則の10 親、兄弟姉妹、友人、先生、チューター、職員等の助力と協力によって受験勉強が成り立っている。素直な心、感謝の心を忘れないこと。「おはようございます」「行ってきます」「ただいま」「ありがとうございました」等、感謝の言葉で快適環境を作ろう。
   
北予備の出席率がネットニュースで取り上げられました!