成績開示資料分析

 

北予備だからできる真の進路指導

北予備だからできる真の進路指導
 
受験生を本気で合格させようと思うなら、2次試験の結果まで調査・分析し、受験指導に役立てるのは当然であるが、それがわかる成績開示資料を集めている予備校や高校の話を全く聞くことがない。こうした中、北九州予備校は在校生の現役不合格時の成績開示資料、北予備で1年間学び見事リベンジを果たした合格の資料を蓄積して、2次得点を含めた入試の結果分析を本気になって行っている。北予備はおそらく全国で唯一、成績開示資料に基づいて三者面談・学習指導を行っている予備校である。

北予備では、一人ひとりの成績開示資料を第一級の資料として進学指導を行う。ズバリ、センター試験、2次試験であと何点あれば合格できたのか?、それを1年でどのように積み上げていくのか?。北予備での成績推移がセンター試験~2次試験の得点にどのように結実するのかを先輩達の多くの開示資料例を踏まえて予測、的確な判断によって合格への指導の核心に迫る。
 
成績開示資料が示す入試の真実。北予備だからできる真の受験指導。「合格するなら北予備」と誰もがうなずく理由が、またひとつ明らかになった。
 
 
 医学部入試ガイダンスの配付資料から