北九州予備校は、北九州を発祥とする予備校で、九州ではNo.1の生徒数を誇ります。

大学合格するなら北九州予備校 > 情報発信 > 重要なお知らせ > 新型コロナウイルスの対応について

情報発信

授業・自習室について

北九州予備校は、以下の新型コロナウイルス感染予防・拡大防止の体制を万全にとったうえで、授業の実施、および自習室の開放をしています。
なお、コロナウイルスの影響で通学が困難な場合も、「ネット北予備」による在宅学習が可能です。プロチューターが電話、メール、FAXによる学習指導、質問応対、添削指導を手厚く行いますのでご安心ください。

①北九州予備校の感染予防・拡大防止対策

  • 講師・職員は、マスク着用・手洗いを実施し、衛生管理を徹底します。検温の結果、37.0度以上の熱や風邪のような症状があるときは、出勤いたしません。
  • ドアノブなどの頻繁に人が接触する箇所を定期的に消毒します。
  • 教室・自習室・ロビー等は原則として、窓・ドアを開け換気を行っています。
  • 教室での授業は、可能な限り、隣の方と十分な間隔を空けて受けていただけるようにいたします。
  • 自習室は、隣の方と十分な間隔を空けてご利用いただけるようにいたします。
  • 自習室では監督者が巡回を行い、体調不良に対し速やかに対応いたします。

②生徒・保護者の皆さんへのお願い

  • ご家庭()にて検温していただき、「ヘルスチェックシート」にご記入の上、校舎にご持参ください。37.0度以上の熱や風邪のような症状があるときは、登校をお控えください。
  • 飛沫感染を防ぐためにも、校舎入館時にはマスクの着用をお願いいたします。マスクを忘れた方は窓口にてご用意しております。入館時には、消毒液で手の殺菌を行ってください。
  • 校舎内では頻繁に手洗いや手指消毒を行い、清潔なタオル等でふき取ってください。
  • ロビー等で集まった状態での飲食・私語はご遠慮いただきますようお願いいたします。
校舎内で発熱や咳・くしゃみなどが出るなど感染が疑われるような体調の異常を感じた場合は、速やかに校舎職員へお申し出ください。