北九州予備校は、北九州を発祥とする予備校で、九州ではNo.1の生徒数を誇ります。

大学合格するなら北九州予備校 > 北予備ブログ > 【博多駅校】2021 合格体験記!大阪大学・工学部・地球総合学科

北予備ブログ

大阪大学 工学部 地球総合学科 合格おめでとう!

博多駅校  A.Y.さん(福岡県・修猷館高校卒)

一年間受験勉強をしてきて思ったことを書きおきます。

まず、受験勉強で大切なことは、「基礎をきっちりすること」です。これは物理の奥先生がいつもおっしゃっていたことですが、基礎というのは公式の丸暗記ではありません。自分が学んでいることの現象はなんなのかをきちんと理解することです。ただの公式の丸暗記では問題を解く上で限界があるし、何より日々の勉強の楽しさが減ってしまいます。人生でこんなに勉強できる時間はもうありません。どうせ毎日勉強しなきゃいけないなら楽しいほうがいいですし、成績も上がります。

次に、模試を受ける上で大事なことは「模試を最大限に活用すること」です。模試はアウトプットの練習です。自分が今までしてきた勉強がどう出されたのか、時間配分に問題は無かったか、問題の読み落とし、読み違えは無かったか、一つ一つ確認して次の模試を受けます。私はミスが多かったので、ミスノート(吉廣チューターに教わりました)に逐一まとめていました。自分ができなかったのがミスなのか、それともそのテーマが理解できていないのか注意しながら復習することは大事だと思います。

他に、細かいことですが、いろんな問題をといていく上で捨て問というものは無いと思っています。自分が解いた問題から学べることはたくさんあります、それは問題の解き方だけでなくて、そのテーマだったり、他の問題との関連だったり色々です。一個の問題に時間をかけすぎるのもだめですが、本番何がでるかは誰にもわかりません。ひとつひとつを大事にして下さい。

予備校にいる時点で、みんなスタートラインは同じです。あとはすべて当人の努力次第、頑張ってください。

最後に、今までの人生で北予備の授業が一番楽しかったです。本当にありがとうございました。

3月10