北九州予備校は、北九州を発祥とする予備校で、九州ではNo.1の生徒数を誇ります。

大学合格するなら北九州予備校 > 北予備ブログ > 【専心寮】入寮体験感想文

北予備ブログ

7月3日 専心寮 K・Tくん 父親  

4月半ばの入寮から早くも3ヶ月が過ぎましたが、本日、初めての「保護者宿泊体験」をさせて頂きました。  

親元を離れ、入寮した息子が一人で生活できているのか、寮生活に馴染めているのか等、とても心配していました。 先ずはチューター先生との面談があり、普段の学習と生活の様子を窺うことが出来、しっかりとしたサポートの下で学習、生活できている事が確認できて安心しました。  その後、寮にて夕食を共にした後、必修自習を見学させて頂きました。 寮から毎日、寮生が記している「栄冠への日々」(寮生日誌)を読ませて頂きました。  

入寮当初こそ、不安な気持ちが綴られていましたが、その後は弱音を吐くこと無く自分の目標達成に向けて飄々と取り組んでいる様子が伺えました。親が思っているよりもポジティブ思考である事、また芯の強さに気付かされ、驚かされるとともに安心する事が出来ました。生活スタイルも一変し、苦しい中でも日々努力している姿を見る事が出来、息子が成長していると感じる事が出来ました。

今回、「保護者宿泊体験」をさせて頂き、本当に良かったと思いました。受験までは6ヶ月余り、「努力は実る」の言葉を胸に悔いのないよう全力で取り組んで欲しい。また、全力で支援したいと改めて感じました。関係者の皆様への感謝の気持ちを忘れずに勉強に集中し、希望大学の合格を勝ち取り、来年の春を笑顔で迎えてほしいと思います。

最後に息子を含め、寮生全員をしっかりサポートしてくださっている寮長・寮母さん、チューターの先生をはじめとする職員の皆様、本当にありがとうございます。最後まで引続きよろしくお願いします。