北九州予備校は、北九州を発祥とする予備校で、九州ではNo.1の生徒数を誇ります。

大学合格するなら北九州予備校 > 北予備ブログ > 【至誠学寮】入寮体験感想文

北予備ブログ

4月23日宿泊 至誠学寮 KYくん 母親

 本日、初めて入寮体験をさせて頂きました。入寮を決める前に、寮長さん・寮母さん・チューターの先生から寮生活について詳しくお聞きする機会を頂いておりましたので、入寮そのものについてはそれほど心配なかったのですが、予備校での新生活・寮での掃除・洗濯等をはじめとした諸々の身の回りの事や体調管理に関すことなどをこなせているか早めに確認しておきたいと考え、入寮からまだ2週間も経っていない早い段階ではありましたが体験を希望させて頂きました。

 学校で合流して寮に戻ると「夕食・入浴・洗濯はこの時間にやるから」と息子が説明してくれて、時間を考えながら身の回りのことを片付けていかなければという意識で行動している姿を見る事ができ、嬉しく思いました。夕食のメニューは麦ご飯、ポークソテー、ビーンズサラダ、フルーツ、漬物で、しっかりとボリュームがあって新鮮なお野菜が添えられており、汁物のかぼちゃスープはとても優しい味がして、どれもとてもおいしく頂きました。寮母さんのお気遣いに感謝申し上げます。夕食後の夜学習の時間にまず寮長さんのお話があった後、一分間の黙想がありました。この黙想の時間は心を落ち着かせてから勉強を始めるためにとても良いと思いました。寮生の皆さんが自習している間に「栄冠への日々」という本人の日誌を見せて頂いたのですが、読むとまだ入寮してから10日たらずの間に勉強や日常生活への本人の気付きがあったことが分かり、その事そのものが自宅で過ごしていては得られない貴重な経験になると思い、入寮を選択して本当に良かったと思いました。受験に向けてとても良い環境が整っていますが、最終的には自己管理力が大切です。学校・寮での規則正しい生活を通して、いかにして自らの精神面・身体面のコンディションを良好に整えるか学んでほしいです。そしてその経験を大学生活以降の人生へ繋げてほしいです。本日は本当に有難うございました。