寮案内

北九州予備校学生寮(直営寮)について

北九州予備校の学生寮は、多くの予備校の寮と異なり、単なる「宿」の提供にとどまりません。

せっかく与えられた「行きたい大学」に行けるチャンスを、皆さんが最大限に活かせるよう、学校をあげて全力で取り組みます。
やるだけの事はすべてやった、と言える1年にするために、受験勉強の妨げとなるものを規則によって遠ざけています。
寮での学習が、自宅よりも遥かに大きな効果を上げなければ意味がないからです。
全国の予備校の中で、この効果を上げているのが、唯一、厳しいと評判の北九州予備校の学生寮なのです。

小倉寮 小倉駅校 外観

飛梅学寮 博多駅校 内装

すべての直営寮には保護者の宿泊室を設けていますが、保護者の方のための特別室でなく、生徒と同じ仕様になっています。

2ヵ月に1回の割合でお越しいただくようお願いしています。
お忙しいご家庭も多い中、多くの保護者の皆様にお泊りいただきました。
その体験を綴ったのが「保護者の宿泊体験記」なのです。
寮の実際を包み隠さずご覧いただくことで、大きな信頼を寄せていただいております。
親戚の方や高等学校の先生から紹介された方なども多くいらっしゃいます。
中には兄弟3人順々に入寮していただいたご家族もございます。
北九州予備校の学生寮について十分ご理解をいただいた上でお選びいただいております。

【北九州予備校学生寮の寮則について】

  1. 帰寮時間18:00
  2. 他室訪問の禁止
  3. 飲酒・喫煙の禁止
  4. 携帯電話使用の制限
  5. 学習に関係のないものの持ち込み制限

※携帯電話を持ち込む場合は、申請が必要となります。
※別途定める持込規定を遵守してください。

以上が主な規則です。

帰寮時間については、実質的にはないも同然の予備校もあるようです。
でも、晩ご飯はどうします?夜の勉強はいつから?…。
この18:00の帰寮時間は北九州予備校学生寮の根幹に関わる規則です。

他室訪問の禁止。
馴染みのあまりない規則だと思います。
しかし、この規則が緩くなると、この時点でもう入寮した意味がなくなります。
勉強できない、眠れない、最悪の学習環境と化してしまいます。
帰寮時間の遵守と同じく、大切な寮友に迷惑をかけないための決まりです。

今どきの携帯電話は、もう果てしなく時間を食いつぶしてしまいます。
学習の妨げとならないよう、携帯電話の使用の制限を行っています。
また、TVなどの音の出る物は、寮内を騒然とさせるので言わずもがなでしょう。

主な規則の概要を述べました。
入寮に際しては、その他の規則についてもよくお聞きいただいてお申し込みくださいますようお願い申し上げます。
本校が理想と掲げる最良の学習環境に対するご理解と同意をお願いいたします。

お電話でのご相談・資料請求

0120-181-509

スマートフォンからもおかけいただけます
「ホームページを見た!」とお電話ください

タイトルとURLをコピーしました